ジャpンカップ・奈良ステージ観戦にいってきました。

ジャパンカップが始まる前の日に梅丹本舗エキップアサダの
梅丹本舗の営業の方と、浅田監督がお店にお見えになりました・・・

ドクター、舞い上がってしまい、お店で写真撮らせてもらうの忘れてまして
奈良ステージへ来られるということだったのでこちらで写真撮らせてもらいました。
・・・・
ホントです。(^^;


梅丹本舗といえば、エキップアサダの選手達と共同で開発した補給&サプリメント
サイクルチャージにトップコンディションがあります。

甘いだけの補給食は良くありますが、口に残って後味がちょっと辛いものがあります。
水飲んでもなんか奥に残るんですね。
梅肉エキスを使った梅丹サイクルチャージは、ほんのり甘酸っぱいとても
飲みやすい補給食です。



もう一つすごいのが、食べるトレーニングサプリ、梅丹トップコンディション
筋力やスタミナを強化するサプリはよくありますが消化器系を強化するサプリメントです。
毎日食べるだけで、体内に取り込んだ栄養を効率よくエネルギーに変換する(内臓力)を
身につけることが出来ます。(^^


2384.jpg
浅田監督、ほんとにイイ人ですね。
昨日の今日みたいなモノでしたが沢山いるギャラリーの中からドクターの顔
覚えてくれておりました。(^^
なんか、雑誌の取材中みたいなカメラマンのいる中、ド厚かましく選手の方たちと写真を
撮らせて貰っている中、お声掛けていただいてホント恐縮でした。
ありがとうございます。m(__)m


・・・で、奈良ステージですが、すごかった!

やっぱ、ジロでの新城選手の影響でしょうか。
スタートからトップ集団4~5名の中に宮澤選手。
ドクターと同じコルナゴ・CX-1でした。(^^
最後の最後まで、粘ってラスト1kmで1位の選手と2人抜けてたのですが
本当にラスト20mそこそこで、ドクター観戦しておりましたが集団に
追いつかれてしまいました・・・・惜しい!!


帰りのバスを待っていた時にも、たまたま浅田監督が前を通ったのですが
沢山並んでいる中、皆が知っている浅田監督と挨拶しているドクター・・・
バスに並んでいる人達に「誰この人?」って思われたことでしょう。(^^;
アトミックサイクルの愛称ドクターこと、岩川です。・・・私。

はい。
スポンサーサイト

ステンレスのワイヤーサビてました・・・

おるお客様のメンテナンス・・・
ワイヤーがゴリゴリするので交換させていただきましたが・・・

wire_20100514210406.jpg
ステンレスのワイヤーがサビてました。

ステンレスでも塩素系のイオンには弱いらしいです。

で、このワイヤーはどこかというとリアブレーキワイヤーのアウターです。
アウターキャップが取れてますがアウターキャップには白い粉がいっぱい・・・

そう!

汗です。

汗がアウターの中にしみこんでワイヤーをさびさせていたようです。

お客様、雨の日には乗られませんが、ローラー台で目いっぱい頑張る方なので
どうやら汗が滴ったようです。

多分、ハンドル周りにはタオル、またはこういうの
使っておられたのでしょう。
ハンドル周りは問題なかったです。

ローラー台で手放しした時とかスローピングフレームだったりで
少しづつ汗が通ったんでしょうね。(^^;


ワイヤーも消耗品です。
時々、交換しましょうね。

ただいまセール中!

折りたたみ自転車として確固たる地位を築いたBD-1
7005アルミの剛性の高さにより初めて乗る方は想像をはるかに上回る
走行性能に驚き、下手なスポーツバイクを買うよりBD-1がイイとまで言わしめる
BD-1信者まで現れるほど熱狂的に愛されてる自転車です。



最近は本格スポーツバイクが流行りだし、半端なスポーツバイクは駆逐されつつあり
大径ホイールの走行性能に押されて一般の方から離れつつあったみたいですが

使い勝手の良さ、手軽さがまた見直されセカンドバイクとして購入される方が
当店でも増えてきております。

2010年モデルより価格が少し安くなっておりますがまだまだお高い自転車でも有ります。

2009年モデルがまだ店頭在庫がございますのでただいまセール価格にてご提供中です。

因みに2010年モデルより2009年モデルの方がお高いのにはわけがあり
2010年モデルからはハンドルを上下するアジャスト機構がオミットされており
2009年モデルの方がポジションに幅があります。

しかもこのアジャストステム、結構いいお値段します。

このステム後からつけると2010年モデルでも結構お高くなってしまいますので
かなりお買い得かな?と思いますがいかがでしょうか?(^^

SKANDAツーリングエディション

発売後皆に愛されているSKANDA
手軽で乗りやすくシンプルなデザインが受けているのだと思います。(^^

さて、勝手にツーリングエディションってつけたですが、そんな商品はございません。
お客様の希望パーツ取り付けただけです。(^^;;;



お客様の必要に応じて必要なパーツをチョイスして組み付ける。
だから自分だけの1台に仕上がるのも人気の秘密ですね。

予想以上にまとまっていたので思わず写真に撮り掲載いたしました。
SKANDAは設計もそうなってますが、センタースタンドが良く似合います。

スマートに・・・シンプルに・・・・さりげないSKANDAは愛されます。
自転車の基本は変わりません。
変わらない安心も一つの提案です。

実はシンプルな自転車ほどイロイロなバランスが大切でこのSKANDAも
すごく時間掛けてチューブの太さ、や、角度などを、一目でイイと思える
直感的なスタイルで追求しております。

この自転車、何かイイ!・・・・って思っていただいたあなたは直感にすぐれているかも!?
その感覚を感じていただけたなら、ソコにすごく時間が掛かっていることも想像してみてください。

いいものを生み出すには紆余曲折があります。
各ブランドにはストーリーがあります。
SKANDAにもストーリーがあったのです。(^^

これからも愛される自転車にSKANDAはなってゆくでしょう。

SKANDAはあなたのスタイルに染まります。
プロフィール

リンリン寝屋川店スタッフ

Author:リンリン寝屋川店スタッフ
ATOMIC CYCLE(アトミック サイクル)
アトミックでは、自転車をひとつのライフスタイルと考えてサイクルスポーツを楽しめるようサポートショップを目指してます。

お客様の自転車への興味を失わせないよう インターネットとリアルショップを通じて、自転車を生涯の趣味としていただけるよう日夜励んでおります。
Facebook、Twitter、Instagramでも情報配信中です。是非ご覧下さい。
Facebook
Twitter
Instagram

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード