LE PINEAU al speed カスタムバイクです

al speed 1

今回入荷したLE PINEAU(ルピノー) al speed は、


デザインが見直されてフレームとフロントフォークに一体感があり、


非常にかっこ良いです。


今回はフルカスタムをしたのですが、


純正で取り付けられていますオリジナルブルホーンとオリジナルステムを、


ハンドルバーにDEDA SPECIALE 31 、ステムにDIXNA リッジラインステムに変更しました。


クランクにつきましては、アームに FSA CARBON TRACK に、


チェーンリングにスギノとこだわってみました。

al speed 2

al speed 3

ホイールは、DT SWISS のリムにカラーピストハブを組み合わせました。


この状態で8キロ代の前半に仕上がっています。


乗り心地は、ピストらしさもありながらとても乗りやすくて、


街乗りでもロードバイクに乗ってられる方のセカンドバイクとしても最適です。


入荷数がかなり少ないので、すぐに完売するかもしれません。


こんなにかっこいいピストはあまりないと思いますよ。


今回の LE PINEAU は本当に『買い』ですよ。
スポンサーサイト

イロイロ楽しい展示会

700.jpg
9月はイロイロな展示会に行ってます。(^^
806.jpg
展示会では一般のお客様は入れないので最新技術やピナレロのドグマみたいに
シークレットなものをいち早く見ることが出来たりイロイロ楽しいんです。
自転車屋さんで無いと入れないのですが他にも楽しいことがあります。
810.jpg
雑誌やらで有名な店長さんたちがソコには沢山居られるのですね~(^^
すぐソコにインプレやら試乗やらで鋭い質問をメーカーに投げかける店長さんたち・・・
ドクター恐れ多くて近寄れないですが、こっそりお話聞いてみてうなずいてみたり
遠くで拝んでみたり・・・(^^;
某関西カリスマ店長さんのローラー台に乗っている所がすごく勉強になりましたよ。(’’
729.jpg
さて・・・
各社最新の技術投入でイロイロやってきてますが自転車の本質は変わりません。
自分の足で漕ぐものです、決して楽できるものではアリマセン。
758.jpg
・・・・しかし、やっぱり、本当に、・・・いいものはラクなんですね~(^^;
833.jpg
特に最近のカーボン技術は目を見張るものがあり、自転車流行の時流に乗って
開発にも拍車がかかっているように思います。
特に最近はフレーム形状も柔軟に変化していってメーカーもユーザーも
あまり旧態依然な、伝統に縛られずに良いものを受け入れる器が出来たと思います。
777.jpg
海外では高級マウンテンバイクがものすごい勢いで流行っているそうなのですが
日本ではロードレーサーが同じく物凄い勢いで広まって来てます。
道路事情の差でしょうか?
767.jpg
海外の流行をいち早く取り入れるなら高級マウンテンバイクの選択もありですね!(^0^
761.jpg
ロードで自転車通勤される方が多くなってきております。
・・・たとえば車が流行っていたときにスポーツカーで通勤された方も
おられると思います。
燃費やらイロイロお金かかっていると思いますが良い車で走ると
気持ちいいですよね。
791.jpg

ロードレーサーもイロイロで、やっぱり良いお値段のするものはもちろん
良いフレームやパーツを使っているので走るのが気持ちいいんです。(^^
見栄だけで高級車乗るのもアリかも・・・と、思うドクター。
もちろんお金余ってる方限定です。(^^;
良い自転車もつとどんどん走りたくなりますよ!

・・・画像、あまり内容とは関係ないですね。(^^;

TNIロードホーク1号(^^;

カーボンフレームでは格安のTNI・ロードホーク。
お客様依頼で組み換えしてみました。(^^

お客様からのインプレではおおむね好評。(^^
長距離ライドでは疲れにくくなり登りもそつなく上がってくれるそうです。
雑誌のインプレでもなかなか良い評価でフロントフォークにハイスピードでの
コーナーリングで若干不安が残るそうですが、下りでそんなに頑張らない(攻めない)
お客様なので(^^;  特に今の所問題ないようです。
1724.jpg
他の有名ブランドと比べたらだめですよ!(^^;
・・・ですが、取り扱い含めアルミからの乗り換え最初のカーボンフレームで考えたら
意外と良く走ってくれて、もしかしたらコレで十分かも?!・・・って思っちゃいます。(><
1723.jpg
フレーム単体で約990g Fホーク入れても1500gそこそこと軽量な部類。
コレで走っちゃったら高級ブランドの価格は何?・・・てな事になりそうです。(^^;

値段の差は確実にありますよ。
お客様もソコは理解していて始めての乗り換えカーボンで来年のレースに向けて
調整、乗りこなしてゆくそうです。

今年のレースでは集団から抜け出してもゴール前で吸収されてしまっているので
集団の中で脚を残しつつ、集団に負けない走りを続けるには高価なフレームでは
万が一を考えるとなかなか踏みきれない所って有るんですよね~(^^;

アルミより格段に体力の消耗が少ないカーボンフレームで、集団から抜け出して
追いつかれないようだったら次はコルナゴのEPSでも行ってくれるかな?(^^; 

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

キャメルバック ポディウムチルジャケット 保冷ボトル

白熊さんが定番アイテムとなっていますよね。

保冷ボトルに新製品登場。

キャメルバック ポディウムチルジャケットキャメルバック ポディウムチルジャケット

シリコン製のジェットバルブは弁を内蔵させているので、逆さにしても内容物が漏れません。
また、逆さにしながらお好みの量を吸い出すことが可能になりました。

キャメルバック

自転車のボトルゲージにも対応。
IMG_6244.jpg

中はこんな感じ。

キャメルバック ポディウムチルジャケット
赤い矢印の方向にノズヅルを回すだけで弁の開閉が可能。

・楽天市場店
 http://item.rakuten.co.jp/atomic-cycle/17-1821611/

・ヤフーショッピング店
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/atomic-cycle/17-1821611.html

 取り扱いしております。

 Nishiwaki




テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

アトミックサイクルの秘密兵器。

アトミックサイクルには、秘密兵器があります。

8年前に導入しフル稼動している秘密兵器。

スポークカッター。
スポークカッター
スポークの長さを自由に製作できる優れた奴!

実は、このマシーンで全日本を走る多くのライダーを支えています。
有名選手のスポークはアトミックで作られているのです。
スポークカッター
こんな感じでネジか作れる。

何十万円もするマシーンですが、
すばらしい秘密兵器。

スポークに困っているお客様。
アトミックサイクルにお任せください。

Nishiwaki







BMX完成。

以前ご紹介したBMXの作業が完成しました。

1、SHIMANO DXRクランク。
2、キャットアイ CC-RD400W
3、フロントホイールをラジアル組み
4、リアタイヤをTIOGAパワーブロック

少し変わりましたね。
IMG_6146

時間があったので新潟県上越市にあるBMXコースに行ってきました。
6年ぶりのBMXはキツカッタ。
少しづつ練習したいと思います。

すべての分野ごとに、知識が豊富なスタッフが在籍しておりますので
旧バイクのレストアやカスタムもお任せください。

ニューモデルピナレッロFP-2

2010年モデル・ピナレッロFP-2はフレームがカーボンになって生まれ変わりました。
702.jpg
最近のロードのカーボンフレームはBB周りがゴッツイです。(^^;
BB周りをゴッツクしても硬くなりすぎずにスムースに加速してゆきます。
カーボンの素材・巻きつけ方などノウハウの有るピナレッロはフレームの
それぞれのパートによってカーボンの積層の重ね具合やカーボン素材の変更によって
初心者向けからプロライダーの脚にまで耐えれる自転車を作りますね。
703.jpg
FP-2は初心者から中級者にとってもお勧めのモデルです。
705.jpg
初心者でもペダルを踏んだときのスゥ~とした加速感が感じられ
すぐに巡航速度に達しますよ。
704.jpg
BB周りがしっかりしているのでこのモデルでしっかりと脚を回す練習をしましょう!(^^

最近の傾向として各メーカーはトータルでの質感を重視していますね。
ホワイトのクランクがとっても似合ってます。
カッコよく走ってくださいね~
プロフィール

リンリン寝屋川店スタッフ

Author:リンリン寝屋川店スタッフ
ATOMIC CYCLE(アトミック サイクル)
アトミックでは、自転車をひとつのライフスタイルと考えてサイクルスポーツを楽しめるようサポートショップを目指してます。

お客様の自転車への興味を失わせないよう インターネットとリアルショップを通じて、自転車を生涯の趣味としていただけるよう日夜励んでおります。
Facebook、Twitter、Instagramでも情報配信中です。是非ご覧下さい。
Facebook
Twitter
Instagram

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード